CAPワークショップを行いました。

2013年2月23日 12時06分 | カテゴリー: トピックス

子どもへの暴力防止プログラム「CAPワークショップ」を行いました。

このプログラムは、子どもの自尊感情を育て、

子どもを取り巻くさまざまな暴力から自分を守るすべを具体的に知ることが出来る

優れたプログラムです。

幼児用のプログラムを、ワークショップ形式で子どもたちに伝えるとともに、

子どもたちに関わる大人たちも、それぞれワークショップを受けます。

まずは、2月2日に、さくらの森保育園のスタッフ、

2月16日に5歳児クラスの保護者、

そして子どもたちは2月18・20・22日、30分ずつ3日間の子どもワークショップを受けました。

 

ワークショップを行ってくれたのは、“やまとCAPひまわり”のメンバー2人。

幼児にわかるように、人形など使い、よく工夫された内容で、

子どもたちの体と心にしっかり身についたようです。